個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)はやるべき?

資産運用

資産運用を行うにあたり、
個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)をやるべきか、どうか
についてメリット・デメリットを完結に整理した上で
私個人の現時点の考えについて書いてみようと思います。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とは?

iDeCo とは老後(60歳以降)の資産形成をするための制度。


投資信託等の金融商品を運用。
  ※iDecoの取り扱い商品一覧は下記URL参照。

個人型確定拠出年金:iDeCo(イデコ) | 楽天証券
楽天証券iDeCoセレクション



運用したお金は原則60歳以降に年金または一時金として受け取ることができる。
→言い換えれば60歳以降にならないと、運用資金を受け取ることができない縛りがある・・・

iDeCo(イデコ)のメリット

  1. 税金が安くなる(掛金が全額所得控除。つまり、所得税と住民税が軽減され手取りが増える)
  2. 運用益・利息が非課税 (⇔通常は運用益に対して20.315%の税が課される)
  3. 60歳以降の受取時も税制優遇がある。一時金(一括受け取り)か年金(分割受け取り)のいずえにせよ、各種控除の対象となる。

 上記1~3はいずれも節税メリットになります。
(会社員にできる、数少ない「節税」の1手)


 1については、以下サイトで10秒あればご自身のケースをシュミレーションできるので
 ぜひともやってみてください^^

シミュレーション | 個人型確定拠出年金(iDeCo) | 楽天証券
あなたの節税額と、長期の積立運用の効果をシュミレーションいたします。

 

 例えば、「企業年金があり、年収600万円のサラリーマンで月1.2万円をiDecoの掛け金とする」場合
 1年間の節税額は28,800円
 30年間の節税額は864,000円となります。 ※目安の計算値です。


「たった年間3万円弱の節税かよ…」と考えるか
「3万円も節税できるのか」と考えるのかは
その人の金銭感覚に依るかもしれませんが、
特になにも手をかけずに年間数万円の節税効果があるなら、
iDeCoをやるメリットもあると考えられます。


2・3のように運用益や受取時の税制優遇があるのも
1円でも多く資産を増やしたい個人投資家にとって
軽視できない制度ではないでしょうか?



その他、iDeCoの隠れメリットとして、
「(離婚時の)財産分与の対象にならない」点があります。




私達の住む日本では3組に1組以上が離婚する(離婚率35%前後)
と言われています。


「離婚なんて考えたくない」「縁起でもない」と思われる方もいるかもしれませんが、
事実(統計的に)、結婚するからには離婚→財産分与のリスクが付きものと考えることもできます。



離婚時の財産分与から資産を守ってくれるのがiDeCoの隠れメリットです。
離婚リスクに対する“お守り”としてiDeCoをコツコツやっておくのも一案かと思います。



iDeCo(イデコ)のデメリット

  1. 59歳まで掛け金を受け取ることができない
  2. 運用のリスクは加入者自身が負う (金融商品なので当たり前といえば当たり前)
  3. 数百円/月の手数料がかかる



やはりiDeCo最大のデメリットが60歳以降でないと掛け金を受け取ることができない点です。



「若い頃に自由なキャッシュを少しでも手元に増やしておきたい」
「歳を取って金持ちになっても仕方がない」
といった価値観をお持ちの方には、iDeCoはやるべきではないかもしれません。



その他、2のデメリットについては、
iDeCo自体投資商品を購入することになるので
少なからずリスクは付きものです。
(そもそも現金ですらインフレやデフレの影響を受け、価値が変わりゆくものですので、
 この世に全くリスクがない資産は存在しません)



iDeCoでリスクを下げたい場合は、
「国内債券」をチョイスするのも一案かと思います。
(その代わり、得られるリターンも下がる)



デメリット3については、
iDeCoを開始するにあたり、約2,800円
毎月の維持費(管理手数料)として約200円が必要
になります。



参考までに「楽天証券」の手数料に関するURLを貼り付けておきます。

手数料 | 個人型確定拠出年金(iDeCo) | 楽天証券
個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の事務手数料はこちらです。



手数料が発生しますが、上記節税額に比べると
手数料を加味しても、iDeCoの節税額が手数料を遥かに上回ることになります。

iDeCoはやるべき?

結論として、iDeCoをやるべきか否かについては、
「その人の価値観・収入・投資スタイルによる」

に帰結するかと思います。



「1万円/月でも多く投資に資金を回したい。個別銘柄投資の方が儲かる」と考える方もいれば
「若いうちにお金を多く使いたい」と考える方もいるでしょうし、
「老後が心配だから、今のうちにiDeCoをやっておきたい」と考える方もいるでしょう。



ちなみに、私の場合はiDeCoを1.2万円/月で活用しています。


会社員かつ厚生年金基金にも加入している為、
iDeCoの掛け金上限が1.2万円だけ になります。

※iDeCoの掛け金上限については下記を参照ください。

拠出限度額|用語集|企業年金連合会
厚生年金基金、確定給付企業年金のある企業を短期間(10年未満)で退職した方に年金給付を行っています。旧厚生年金基金連合会。



私がiDeCoをしている理由としては以下3点があります。
・上記メリット(特に節税)を享受できること


・月1.2万円だけなら、全体の投資額の数%でしかなく大勢に影響はないこと。

 (本質的には1~2万円/月を惜しむより、収入を増やすor支出を減らすことで入金力UPが大事)

・長期的な視点で資産を増やしていきたいこと
どうせ貯金するなら少しでも増える方法を選ぶ
 


iDeCoはある意味実験的に行っている感もあります。
毎月自動的に定額入金されるので、ドルコスト平均法を手法とした投資を行っていることになります。


昨年からスタートし、ほぼ「ほったらかし」ですが、現時点の利回りは4.7%と少しプラスになっています。(投資対象は「楽天・全米株式インデックス・ファンド」)

まとめ

以上、
・iDeCoのメリット・デメリット
・iDeCoに対する個人的な考え をご紹介しました。


上記の通り、投資に対する考え方は十人十色なので
個人の価値観・収入・資産運用のスタイルがマッチすれば
ぜひ活用したい制度かと思います。



特に
「生活資金には困っていないが、投資には疎い」
「老後の生活(資金繰り)に漠然とした不安がある」
と言うような方には親和性が高い制度でしょう^^



私のような会社員は
iDeCoやふるさと納税を始めとする「節税」手法をいかに活用できるかが
今後少しでも生活を豊かにするきっかけになるのではないでしょうか?



本記事がiDeCoを検討されている方に
少しでも参考になれば幸いです。



では、Good Bye!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました