【No.10】強者の流儀

読書

コツコツ読書をしていますが、ブログにまとめておらず・・・



読書のペースにブログ投稿が
ついていけるように気合入れます。

この本を読んだ理由

・著者の朝倉未来さんのファンだから。(The Outsider時代から観戦していました)


・格闘技のみならず、Youtuberとしても活躍中。
 「頭の良さ」や「立ち振舞」に惹かれるものがあり、
 未来選手の考え方・思考に触れてみたかったから。


・今まさにHOTな時代の寵児であり、朝倉選手から学べることがあると感じたから。



もともと興味のある人が書いた本かつ、内容が非常に読みやすいので
気付いたら1日で読破しました。

【要約】学び・気づき

・何事においても自分を「客観視」することが重要。(それが朝倉選手の強さの秘訣)

 →自分がどのような動き(仕事で言えば「働き」)をしているのか、
  他人から見てどう映っているのか
  他人から聞く or カメラ等で自分を撮影をすることで確認し、改善に繋げる。



・謙虚な姿勢で、人の意見を取り入れる。

 →「自分が考える自分」と「他人から見た自分」は異なる。
  自信を持つことは良いことだが、自分を過大評価せず、謙虚な姿勢で他人の意見を聞き入れる。


・世の中の成功者は、「分析力」が非常に高い。

 →「客観視」「数値化」「比較」等、物事を数字や動きでしっかりと捉えることが重要。
  結果を出したい分野については、感覚に頼りすぎず、事細かく分析・思考する。



・達成したい目標があれば周囲に公言し、現実逃避できない環境を作り上げる。

ToDo

・今年の目標は「ボディコンテスト出場」と「読書100冊」。 ※実行中




・気になったことは「Excel」や「Googleスプレッドシート」にまとめ上げて記録する。
 →比較表を作成したりすることで、数字で物事を捉える癖をつける。



・自分の現在の2軸である「ボディメイク(筋トレ)」と「資産運用」においても
 数字にまとめたり、写真で進捗を確認する等、客観視するように意識する。

メモ

弱みにばかり注目する人は、謙虚なように見えて、実は自分を客観視することができていないだけなんです。

立場が上だということを理由にして、人の意見を聞かず取り入れずという状態になっている人は、少なくとも成長が止まっている可能性が高い。

何かをするなら、僕は常に考えて取り組んでいたいし、やっていることの意味を突き詰めていきたい。そういう気持ちが持てることならきっと楽しく取り組めるし、自然と集中もできると思うんです。

苦しいときを乗り切るために、僕が昔からやっている裏技というか、工夫があります。それは、「体を乗り物だと思う」ことです。

決めたことを本当にやり遂げたいなら周りに公言してしまう。

チャンネル登録者数が100万人を超えるようなトップYouTuberたちの動画は、全部見て研究しました。と同時に、全く再生数が伸びない底辺YouTuberの動画も見て、何がいけないのかということを比較したりしました。

読書
スポンサーリンク
YOSHI BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました