2021BBJ東京大会 結果(対策と考察も)

筋トレ

BBJ東京大会 結果:5位入賞

8/29 ベストボディ・ジャパン 東京大会に出場しました。



結果、決勝に進出し、5位入賞という成績でした。
(昨年は三重県の津大会に出場。準グランプリ)





この度、出場させて頂いた関係者や選手の皆様・環境に感謝いたします。




BBJ東京大会を終えての気づき


東京という激戦区にて5位という評価を頂けたのは非常に光栄に感じています。



負けた瞬間は悔しさも感じましたが、コンテスト後に冷静な状態で写真や動画を見返してみると、
入賞者の素晴らしさ、自分の未熟さ(特に肩周りの弱さ)を感じざるを得ませんでした。


これについては日々のハードなトレーニングで弱点を改善していくしかないのかなと痛感。



その一方では去年の自分と比較し、
筋肉量の増加
ポージングにも余裕が出ている点は成長できたかなと実感。



東京大会に出てみて、
いくら身体が良くても、場馴れしていないとポージングにぎこちなさ・力みが出て、
コンテストでは勝てないことを実感しました。



特にコンテストのレベルが上がると、「表現力」「余裕さ」「しなやかさ」等のプラスαのポイントを稼がないと勝ち上がることは難しいなと。



減量に一生懸命になるあまり、仕上がってきた身体に満足し、ポージングや魅せ方の研鑽を怠るのは勿体ないと感じました。



激戦区や日本大会レベルでのコンテストは①身体 ②表現力 のどちらが欠けても勝てない。
満点からどれだけ減点されるか(減点方式)の世界であると感じました。




今回の減量について

2021年BBJ東京に向けた減量


今回の減量について整理すると、

期間:約4ヶ月
体重:75kg→68.5kg(-6.5kg)

  • -1.5kg/月というゆったりペースでの減量
  • グラフの傾き的に前半に気を抜きすぎ
  • 減量後半で「運動して燃やす」意識が高まった

減量の期間は4ヶ月と設定したものの、最初の一ヶ月はカロリー計算もせず、
食事もある程度好きなものを食べるなど、中途半端な減量をしていたことにより時間をロスしたのが反省点。



グラフの傾きを見ても、前半が非常に緩やかであり、いかに減量をサボっていたかが視覚的にわかります・・・



今回はコンテスト1ヶ月前でも「間に合うのか」と不安に思うくらい仕上がりが遅く、
減量の後半で遅れを取り戻す形となりました。



私のような経験の浅い初心者は、減量初期から全力で落としにかかるのが良いと考えます。
そうでなければ、それは減量期間ではなく、増量でもない中途半端な時期としてカウントした方が良いかもしれません。



ベスボも上位者はかなり絞れている選手が多いため、甘く見ないほうが良いかと思います。



ちなみに今回の減量方法はローファットが中心でした。



日によって炭水化物量を変動させる「サイクルダイエット」という手法を取り入れ、減量を進めました。


今シーズンで工夫した点

今回のBBJ東京大会に向けて工夫した点は「ボディメイクに集中するための環境作り」でした。



具体的には4点。

フィットネスバイクの購入



1つ目はフィットネスバイクの購入。

自宅にフィットネスバイクがあるだけで、減量が非常に捗ります。



早朝(業務開始前)や、休憩中のスキマ時間を活用し、バイクを漕ぐことで
減量を加速させることができました。



全天候型かつ時間を節約できるので、本当に買って良かったと思います。
※デメリットは場所を取るという点



減量期はほぼ毎日ジムに行ってウエイトトレーニングをするので、ただでさえ時間を消費する上に、
有酸素運動を加えるとなると、ほとんど仕事とボディメイク漬けの日々になってしまいます。



少しでも時間を有効活用するために、また減量を加速させるために
非常にオススメなアイテムです。




ご参考までに私が購入したバイクをご紹介しておきます。
最低でも3万円くらいはするのかなと考えていましたが、想像以上に安かったので即買いしました!




Bluetooth接続 体重計の購入

Bluetoothの体重計を購入したことも減量するにあたって良かったです。





これまではジムの精密な体重計を使い、その測定値をメモしていましたが
やはり自宅にあり、データが勝手に手持ちのスマホに入力されるBluetooth体重計は非常に有用です。



iPhoneとの連動は超スムーズで、アプリを立ち上げるだけで瞬間的に体重計と接続されるのには軽く衝撃的でした。
そして体重計の値段も驚くほど安い!!即買いでした。




体脂肪率の精度についてはジムの高価な体重計のほうが精度が高いかもしれませんが、
そもそも正確に測れるものではないので、そこを気にするよりは見た目の質感が大事かなと考えます^^




ベストボディジャパン公式ポージングセミナーに参加

ベストボディジャパンが開催している公式レッスン(セミナー)に参加しました。




やはりコンテストに出て「勝ちたい」のであれば、セミナーは一度だけでも参加しておくべきかなと考えます。



去年はセミナーを受けずにコンテストに出場しましたが、我流には限界があります。
(自分が良いと思っていることも審査員からしたらNGな可能性も・・・)



セミナーでは受け身の姿勢でただ習うだけでなく、自分から気になる点・調べてもわからないことを事前にリストアップしておき、
講師の方にゴリゴリで質問するのが良いと思います。



せっかくお金(前売り7,700円)と時間を割いてセミナーに受けるからには、有意義なものにしたいですね!



パーソナルトレーニングを受講

生まれてこの方、パーソナルトレーニングというものを受けたことがありませんでしたが、
「もう十分自分だけで頑張った」「伸びしろは少ない」と考え、
人生初のパーソナルを8月から受け始めました。



パーソナルのトレーナーは某有名スポーツモデル選手です。



パーソナルの受けて「これまでの自分のトレーニングの甘さ」を第一に痛感。
トレーニングレベルの概念が上がりました。



1回に1万円近くするパーソナルは割りに合わないのでは?
自分だけでもなんとかなるのでは?と考え、パーソナルを受ける気にならない時期がありましたが、もっと早く受けておけば良かったとも思います。



どんなスポーツ選手にもコーチとなる人は付けていますし、
ある程度時間を掛けないといけないボディメイクの効率を高めるためには
トレーナーから教えてもらうことは非常に有益かと。


来年に向けて

BBJ東京大会5位という結果に終わり、日本大会への出場権を得られない中、
地方大会の出場も検討しましたが、抜本的に身体を変えるには増量が必要と考え、
今シーズンのコンテスト出場をやめることにしました。



増量期は食事の内容が雑になったり、チートを入れすぎたりと集中力が切れがちですが、
そうならないように来年なりたい身体を明確にイメージして日々コツコツとボディメイクを継続します。



スポーツモデル(NABBA等)のコンテストにも興味があるので
来年はそこも視野に入れて、今から準備を開始します!



では、Good Bye!


筋トレ
スポンサーリンク
YOSHI BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました