ゴールドジム Yバック タンクトップのサイズ感・レビュー

筋トレ

ついに私もゴールドジムのタンクトップに手を出してしまう日が来ました。笑



王道ではありますが、背中が大きく開いてとても印象的な「Yバック タンクトップ」です。



今回はLサイズのみで申し訳ないですが、今後購入を検討されている方の参考になればと、Lサイズの着用イメージについて共有します。


タンクトップサイズ一覧

目安としてのサイズは以下です。

サイズ一覧

・Mサイズ 身幅:約50cm 着丈:約72cm

・Lサイズ 身幅:約55cm 着丈:約76cm

・XLサイズ 身幅:約58cm 着丈:約79cm



あるあるかもしれませんが、サイズを数字で見ても「よく分からん!」というのが本音ですよね。笑



実際に私の着用イメージを以下でシェアします!

Lサイズ着用イメージ

私(身長177cm 体重80kg )の着用イメージです。

フロント
バック



率直な感想は「思っていたより大きくなく、ほぼジャスト(少しだけ大きいかな?)と感じる程度」



試着もほとんどせずに(都内のGGショップはあまり広くなく、なんとなく試着しづらい雰囲気があるので)、Lサイズを勢いで購入。



購入直後、「アメリカのLサイズって相当でかいのでは?やばい、乳首がはみ出るかも」と冷や汗が出てきましたが、実際は上記のように良い感じのサイズ感でした。笑



購入前の試着が確実ですが、身長170cm前後の方は、Mサイズでもちょうどよいくらいかもしれません。



個人的感想として、懸念していたGG タンクトップ=アメリカンサイズ=超絶でかい みたいなサイズ感では無かったです。


実際の使用感・レビュー


以下、着用してみて感じたメリットです。

GGタンクトップのメリット

・非常に動きやすい

・トレーニング時の動作確認がしやすい

・涼しい

・肩幅が広く見える


実際にYバックTシャツを着てみた感想は「非常に動きやすい!」です。



クロノスやVANQUISHといったフィットネスブランドのタンクトップも着用していますが、ゴールドジムのYバックタンクトップは背部が大きく開いているため、肩甲骨が非常に動きやすいのが印象的。



殆ど裸に近いので(笑)、トレーニング中も涼しく、爽やかな状態がキープされます。



また、胸から鎖骨あたりの生地が狭く作られているので、肩幅が広く見えます。




以下、個人的に感じたデメリット。

GGタンクトップのデメリット

・乳首がチラ見えする

・ある程度筋肉量がないと映えない(中〜上級者向け)


やはり難点は前かがみになったり、動作した際に乳首がチラ見えすることがある という点です。



これについては仕方がない部分がありますが、気になる人は気になるかもしれません。



私は「タンクトップを着ることは筋トレが目的であって、周囲を気にすることが目的ではない。」というマインドで当タンクトップを着ることにしています。


日本のゴールドジムでもデフォルトで乳首はみ出している人もいますし(笑)、視点を海外に広げればトップレスでトレーニングしている方もいます。



乳首を気にするのが重要なのか、良質なトレーニングをするのが重要なのか、どちらを重視するのかは自分次第。



本気で成果を出したいと考えている人には周囲の目は気にならなくなっているはず。



もちろん周りに迷惑がかかるくらいの露出は良くないですが、チラ見えするくらいなら仕方ない部分もあります。



どうしても気になる場合はワンサイズ小さいタンクトップをチョイスするのも一手ですね!



また、ある程度筋肉量がないと似合わないのも難しい点です。



私もそこまで筋肉量は多くないので、「このタンクトップが似合うように頑張って鍛える」という考えで着用することにしました。


最後に


今回はゴールドジムのタンクトップについてレビューさせて頂きました。


サイズ感については私も購入時に冷や汗をかくくらい不安だったので(笑)、この記事が購入時の参考になれば幸いです。


今回ゴールドジムのタンクトップを購入・使用して、この製品が全世界のマッチョに愛用されている理由が理解できました!(上記メリット参照)


このタンクトップを着て、ガンガントレーニングをして、もっとタンクトップが似合う男になりたいと思います!


では、Good Bye!





















コメント

タイトルとURLをコピーしました